BIM/CIMへの取り組み

 国土交通省では、 3次元測量データやICT建機などを活用することで、建設生産システム全体の生産性向上を目指す、i-Construction(アイコンストラクション)が急速に普及しております。ますます多様化する土木コンサルタント分野では、適切な3次元データの活用と運用が図られています。特に関連情報を一元管理し、建設現場での生産性向上を目指す取り組みの中核として、BIM/CIM(Building Information Modeling/Construction Information Modeling)が推進されています。

 更に、国土交通省では、2025年には、原則全直轄事業にCIMを適用する方針を掲げており、基準整備なども急ピッチで進んでいる背景があります。

 弊社は、次世代の建設生産システムのためには、BIM/CIMの活用が必須と考え、積極的に技術導入・普及の推進に取り組んでいます。

 従来手法にとらわれない、経験技術と最新技術を融合させ、柔軟な考えでフットワークの軽さをもって、地域密着型企業として、これからも皆様と共に歩んで行きたいと考えております。

 手探りの状況でありますが、試行錯誤した成果の一部をご紹介いたします。

MOVIE

3Dデータ

※閲覧可能な端末はPCからのみとなります。

PDFダウンロードをクリックし3DデータPDFをお使いのPCにダウンロード下さい。

ダウンロードしたPDFを「Adobe Acrobat Reader」で開き、
①オプションを押し「常にこの文書を信頼する」をクリック
②画像左上の?をクリックすると3Dデータが表示されます。
その後マウスで操作できます。